レジェンドシップ次走予定&ニコニコルンルンデビュー予定

一口馬主

私の出資馬、レジェンドシップの次走予定と、デビューが遅れていたニコニコルンルンの初出走の予定が立ちました。

まだ確定前なので変更の可能性は大いにありますが、二頭共非常に楽しみなレースですので期待せずにはいられません。

レジェンドシップ・次走予定

次で6戦目になるレジェンドシップの次走は、

2023年5月27日(土)の京都第5R、芝2200mの3歳未勝利戦を鞍上は松山弘平騎手での予定となります。

ここまで5戦走って2着2回、3着1回、4着以下2回と惜しい競馬が続いているレジェンドシップ。

前走の鞍上ルメール騎手から、直線で坂のないコースがいいとのアドバイスをもらっていたのでこのタイミングで京都を使えるのは非常に嬉しいです。

前走後は馬体も減って疲れも見せていましたが、しっかり休んで体も戻り調子も良さそうです。

今週のクラブの更新ではトレセンでの調教の様子や関係者のコメントを動画で見ることができて、陣営の皆さんのこの馬にかける思いもより伝わってきました。

能力のある馬であることは間違いないと信じていますので、新しいフィールドでの能力発揮に期待しています。

ニコニコルンルン・デビュー戦予定

ニコニコルンルンは私が初めて出資した馬であり、非常に思い入れの強い一頭です。

リアルスティールの初年度産駒として矢作調教師も期待をかけている一頭とのことでしたが、馬体減りに悩まされ強い調教負荷をかけることがなかなかできず、ここまでデビューが遅れていました。

リーディングトップの矢作厩舎では順調さを欠いていたこの馬にお声がかかるには時間がかかってしまうのも仕方のないこととはいえ、流石にそろそろ不安も募ってきたところでしたのでなんとかここまで漕ぎ着けることができてホッとしています。

中々馬体が成長しないことがネックの馬でしたが、ようやくサラブレッドらしいしっかりとした体つきに育っており、トレセンでの追切り映像では素軽い走りで反応も良く、かなり期待できるのではないかと思っています。

飼食いもよく馬体も以前ほど減らなくなった様子ですので、その点もひとまずは安心できそうです。

デュー戦の予定は、レジェンドシップと同じく2023年5月27日(土)の京都3R、牝馬限定の芝1800mを想定しているとのこと。

鞍上もレジェンドシップと同じく松山弘平騎手ということで、松山騎手には是非是非頑張っていただきたいところです。

ダービー前日の京都を葦毛二頭で盛り上げて!

二頭の出走となる5月27日(土)は、日本ダービーの前日。

勿論私もダービーにはこの上ない高揚感を感じていますが、このままの予定であれば前日も非常に楽しみな開催になりそうです。

もう一歩で勝利に手が届きそうなレジェンドシップ。

満を持してのデビューとなるニコニコルンルン。

二頭の活躍を心より祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました