【オーストラリア共有馬】パーフェクトダイアモンドの21をご紹介【海外馬主】

オーストラリア馬主

今回はオーストラリアで共有している競走馬のご紹介第二回目。

先日のMMアデレードのセリで落札され、ライジングサン・シンジケートにて募集がかけられたパーフェクトダイアモンドの21です。

ライジングサン・シンジケートについて

オーストラリアで唯一の、日本人ホースマンが運営する競走馬シンジケート。

ビクトリア州のメルボルンに拠点を構え、現地のセリで購入した馬や日本からの輸入馬の共有馬主募集を行い、そのマネージメントを行っています。

発足してまだ日が浅いながら、日本で未勝利だったマイネルレガシーという馬を輸入し4勝を挙げるなど着実に実績を積み上げています。

オーストラリア競馬を広く知ってもらおうと精力的に活動されており、問い合わせにも丁寧に対応していただけます(勿論日本語で)

詳しくは下記リンクをご参照ください。

公式HP https://www.risingsunsyndicate.com/

公式日本語Twitter https://twitter.com/RisingSunSynd

川上絋介さん(代表)Twitter https://twitter.com/kosi0924

↑ライジングサン・シンジケート代表の川上絋介さんの著書。

オーストラリアでの共有馬主とはどういったものなのかをはじめ、オーストラリアの競馬文化を深く学ぶことができる一冊です。

本馬のプロフィール

  • 馬名:パーフェクトダイアモンドの21(牝馬・1歳)
  • 父:アラバマエクスプレス
  • 母:パーフェクトダイアモンド(母父:ピュアプライズ)
  • 生産:Yulong Stud
  • 生年月日:2021年10月28日
  • 調教師:アーロン・パーセル
  • 測尺(セリ落札直後、2023年3月15日時点)
  • 体高:158㎝
  • 胸囲:179㎝
  • 管囲:20.5㎝
  • 体重:444㎏

血統について

父アラバマエクスプレスはオーストラリアの生産馬で、CFオーアステークス(G1)を含む4勝を挙げ2020年に種牡馬入りしました。

アラバマエクスプレスの父はオーストラリアを代表する種牡馬リダウツチョイスであり、大種牡馬の後継としての期待がかかる中、本馬はその初年度産駒として誕生しました。

傾向も成績の統計も無い未知数の状態ではありますが、アラバマエクスプレスは父リダウツチョイス、母父エンコスタデラーゴという父系母系ともにオーストラリアを代表する主流血統を内包しており、アラバマエクスプレス自体の能力も含めて期待値は大きいと言えます。

母パーフェクトダイアモンドも本馬が二番仔のためまだまだ未知数ではありますが、二代母ミスメリーアップルから誕生した母の兄妹には、米国のG3アイオワステークス一着、ケンタッキーオークス三着のレディーアップルをはじめ、重賞、リステッドで活躍した競走馬がずらりと並んでいます。

母父ピュアプライズはストームキャットの仔で、更にその母父はシーキングザゴールドと、母系には日本人にも馴染深い米国の良血が名を連ねます。

本馬についての詳しい解説をライジングサン・シンジケートのyoutubeで確認できますので是非ご覧ください。

預託先のアーロン・パーセル調教師のコメントもあります。

本馬について。共有の経緯など。

私が本馬を共有するきっかけとなったのは、競馬情報サイト「サララボ」の代表、ジェイさんとの出会いです。

サラブレッド研究所 - サラブレッド研究所 / Thoroughbred Lab.
競馬予想/一口馬主/血統情報などを通じて『ギャンブルの先にある競馬の魅力』を伝える。 欲しい情報はここにある。『みんなの得意』で作る無料競馬情報サイト。登録不要で全記事閲覧可能。

そもそも本馬はジェイさんがチームの代表として渡豪し、実際にセリに参加して落札、共有募集をかけられた馬。

私が一口馬主を始めたばかりの頃、右も左もわからないなかで色々と勉強させていただいていたのが、当時youtubeを主戦場としていたジェイさんの動画でした。

身近に同好の仲間がいなかった私にとってはこういったSNSやyoutubeで情報を発信してくださるインフルエンサーの皆さまの存在は大変ありがたかったです。

ジェイさんがセリに参加されるのを知ったのとほぼ同時期に、現地の日本人調教師である中條大輝先生のもとで一頭共有させていただくことになったこともあり、私自身オーストラリア馬主、オーストラリアでの競馬というものに一層興味が沸いていたタイミングでもありました。

ライジングサン・シンジケートのこともかねてより関心を持って情報を追わせていただいていたので、ジェイさんとライジングサンの皆様が選んだ一頭ならぜひ共有したいと思い、手を挙げさせていただいた次第でした。

もともとDMMバヌーシーで小規模に一口馬主を楽しんでいた私にとっては急な飛躍ではありますが(笑)

こういった機会をいただけたことを心より感謝しております。

勿論ご縁だけではなく、馬自体にもとても魅力を感じたのも大事な要因です。

長い四肢をしっかりと踏み込むしなやかな歩様、成長力を感じさせる腰高なシルエットなど、動画からも私好みの魅力が感じ取れて非常に好印象でした。

馬は顔で選ぶという人もいますが、この馬は非常に利発で賢そうな印象を受ける、愛着の持てる顔をしています。

馬体だけ見るとまだまだ成長の余地ありという感じですが、体重はセリ後の放牧時で444㎏と、この歳の牝馬としては十分。

ブラックタイプが揃っている牝馬ということもあって、ゆくゆくは繁殖にも……という期待も込められて、長く付き合っていければいいなと思っています。

ジェイさん運営のサララボにて、より細かい本馬に関する記事が掲載されています。

ぜひそちらも併せてご覧ください。

【共有馬主募集】TeamJが落札したアラバマエクスプレス産駒の牝馬をジェイとこもこもが徹底解説! - サラブレッド研究所 / Thoroughbred Lab.
アラバマエクスプレス産駒の牝馬(パーフェクトダイヤモンドの21)の魅力 ジェイの分析 血統 父はYulong期

現状と展望

パーフェクトダイアモンドの21は4月15日現在、VIC州にあるベラリンパークにて放牧中。

馴致施設の馬房が開き次第移動し、初期馴致に入る予定です。

放牧地では他の馬と仲良くやっているようで、リラックスした様子の動画が送られてきております。

まだまだ子供っぽい所作が目立ちますが、これから成長を重ねて少しずつ競走馬らしくなっていくことでしょう。

恐らくあまり早くからのデビューや活躍を見込めるタイプではなさそうなので、じっくり成長を待ちたいと思います。

預託先のアーロン・パーセル調教師はG1勝利経験のある実績ある調教師で、本馬はその調教師本人からもセリ時点から高い評価を得ているとのことで、期待も高まります。

父系の印象から距離はマイル前後になりそうですが、距離が延びればオークスも視野に……とジェイさん談。

私達の夢を乗せて大きな舞台で駆け抜ける姿を想像しながら、引き続き成長を見守っていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました