【出資馬紹介③】クルチェット【サトノアラジン産駒】

出資馬

私が出資している競走馬を紹介していくシリーズ。

第三回目はクルチェットです。

私的に初のノーザンファーム生産馬である本馬。

せっかくDMMバヌーシーで一口馬主をはじめたからにはノーザンの馬にも出資したいと思い選んだ馬です。

プロフィール

  • 馬名:クルチェット(牝馬・3歳)
  • 父:サトノアラジン
  • 母:クルソラ(母父:Candy Stripes)
  • 生産:ノーザンファーム
  • 誕生日:2020年4月10日
  • クラブ:DMMドリームクラブ
  • 調教師:辻野泰之(栗東)

血統

父はサトノアラジンで、本馬は二世代目。

まだまだ傾向もわからないなかでの出資でしたが、1,600~2,000mくらいでの活躍が見込めるかな?

と思い、桜花賞の舞台を走る姿を妄想しつつ出資した思い出があります。

執筆時点でもっとも賞金を稼いでいる産駒のウェルカムニュースは1,800mで3勝。

次点のグラスミヤラビが1,200mで2勝、1,400mで2勝といった成績。

ほかの勝ち上がっている産駒を見ても1,400~1,800mが多い印象で、やはりマイル前後が良いのではないかという印象です。

母クルソラは2012年の桜花賞2着、オークス3着のクリミナルを産んでおり、この父はディープインパクトということでクルチェットとの血統背景も非常に近しいものがあります(サトノアラジンの父はディープインパクト)

以上の要素から、出資時に夢見ていた桜花賞という目標は間違っていなかった……と思います。

一口一年目からクラシックを意識した馬に出資でき、陣営の評判も良い……育成期間中は非常にわくわくした日々を過ごさせてくれました。

が、現実はそう甘くはないということを教えてくれたのもこの馬でした。

本馬の現状……鵜呑みしてはいけない前評判

育成牧場にいる間のクルチェットの評判は非常によく、多少体が小さいといったくらいで気性面もまったく問題なく動きも良い、期待できる馬だというコメントが目立っていました。

しかし入厩してみると評価は一転。

馬体からメンタルの面まで、不安視するコメントが続き前向きなコメントがほぼ見られなくなりました。

2022年10月15日の新潟5R、芝1,600mでデビューしましたが、その新馬戦に向かう際のコメントも

「まずは使ってみて、競馬に慣れさせて……」

といったニュアンスでお世辞にも勝てる自信があるとは思えない雰囲気のままデビューとなりました。

結果は17頭立ての14着。

自身初の出資馬デビューでしたので楽しみにしていた半面、まぁそうだろうな、という感想でした。

その後も前向きなコメントが出ることは無いままダートに転向しての2戦目。

年が明けて2023年1月15日の小倉1R、ダート1,700mに、鞍上は岩田康誠騎手で挑戦。

結果は14頭立ての11着。

ほとんど競馬に参加できないままゴールするといった印象のレースでした。

育成時はあんなに評判良かったのに、入厩してからこんなの評価が変わるなんて……と、正直かなり面食らいました。

実際入厩後の評価通り結果も出せていませんので、前評判と実際の能力は決してリンクするとは限らないんだなと学びを与えてくれました。

今後について

2023年3月現在、クルチェットはノーザンファームしがらきから厩舎へ戻り、次回の福島開催に向けて調整していくそうです。

まだ成長を待たなければいけない部分もあるものの徐々に良化してきているとのことで、まだまだ諦めずに覚醒を期待して応援していきたい所存。

桜花賞の夢は潰えましたが、クラシックが競馬のすべてではありません。

きっとクルチェットの能力が発揮され、活躍する舞台があると信じています。

がんばれクルチェット!

コメント

  1. ソノスケ より:

    お疲れ様です!
    馬心さん、いつもコメント返しありがとうございます😊
    自分は一口馬主1年目で、ほとんどが育成中ですが近況コメント見るとだいたい「○○が良い」「○○に期待出来る」などのコメントばかりで期待感ばかりが高まってますが、やっぱり現実は甘くないですよね😅
    1年目の出資はクラブの前評判を鵜呑みにしての出資だったので、今年はしっかり自分で判断して出資して行こうと思います🐴

  2. magokoro より:

    ソノスケさん
    こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
    そうですね~やはり募集時、育成時のコメントは期待値が占める割合が非常に大きいと思いますのでそのまま鵜呑みにするとそうならなかった時のダメージがでかいです(涙)
    しかしながらマイナスにばかり捉えていても楽しくないですし、自分なりのリスクヘッジというか、基準を設けておいて良いところと悪いところ(不安要素)を見極められるようになりたいですね。

タイトルとURLをコピーしました